IKKY English
日々の出来事や思考、悩みや愚痴、ニュースやお笑い、といったものをとにかく英語にからめてお話します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pronounce
こんにちは。久々の更新です。
今日のテーマは3本。

1.中国の歪み
中国に行って感じること。この国はいびつな形で成長を続けているということ。
ネット事情の体験談から簡単な例を挙げます。

見れるサイト:Baidu、Youku
 → 中国発のサイトのため政府による情報コントロールが容易。海外動画などの違法DLし放題。

見れないサイト:Youtube、twitter
 → もはやグローバルスタンダード。真実が満載。だからこそ見せられない。

ほんの1例ですけど、だいたいこの例が全てを語っていると思います。
まともな成長ではない、と。
みなさんどう思いますか?

2.内藤VS亀田戦
ボクシング素人なのでよく分かりませんがあえて一言。
内藤かっこええ、亀田強い。
以上。

3.英語について
語学に精通している人に言わせると、ある日突然聞き取れるようになる感覚があるとか。
そんな感覚は全くないまま、今まで全く成長のなかったリスニングが急激に点数アップ。
強いて理由付けするとしたら「聞く」練習ではなく「話す」練習を多くしたからかなと。
発音を理解するためには、10回聞くより1回発音してみる方が効果的で、
自分の発音が通じた経験よりも発音してみて通じない経験が一番の薬かなあと今は思っています。

日本人が英語の発音を苦手とする理由の一つに「カタカナ読み」が挙げられます。
ルー大柴の大げささが小馬鹿にされるように、日本人の中にそれっぽく真似をすることを
恥ずかしいことと思ってしまう感情があり、みなと同じカタカナ読みをしてしまう傾向があります。
これが発音の向上=リスニング力の向上を大いに妨げているように思います。
いきがってると思われてもええじゃないですか。思い切って発音してみましょうよ。
勢いだけで意外と通じることも多いし、それでもなお「No!」と直されたりもするから語学は面白いんです。


全く文章になってませんが、雑感ということで。今週もがんばりましょう。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。