IKKY English
日々の出来事や思考、悩みや愚痴、ニュースやお笑い、といったものをとにかく英語にからめてお話します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hotel
未だ北京です。

そういえば泊まってるホテル日航系やけど大丈夫なのかな?と。
JALの経営破綻、元々JALにはあんまり乗らないから関係ないかなと思ってたけど
意外と身近なところにも影響あるものですな。

そんなことより、久々に英語ネタ。
"The catch"という表現がおもろい。
catchをALCで調べたら
〈俗〉問題点{もんだいてん}、難点{なんてん}、欠陥{けっかん}、まずいこと
と5番目の意味で出てきます。
英会話で自分が作った例文を紹介すると、

My division recorded larger sales this year. The catch is its profit didn't increase.

何となくカッコええ文章でしょ?

It seems like a nice sentence. The catch is its accuracy.

まあいつもながら、この英語がほんとに正しいのかどうかはわかりません。
信じるか信じないかは、あなた次第です。

というわけでみなさん、都市伝説をよろしくお願いします。


Humidity
先週から北京に滞在しています。

Twitterでは何度もつぶやいてるんですが、冬の北京は湿度が異常に低い。
ホテルの浴槽に水を張ったり、洗濯した下着をそこらじゅうに掛けまくったりしても
嫌がらせのように設置されている湿度計が指し示すのはせいぜい20%程度。
洗顔後、顔が乾燥しすぎて痛いぐらいになってしまいます。

あと、これだけ乾燥してると静電気がすごくて毎日パチパチとやりまくってます。
これについても何度もつぶやいてるので詳しくはTwitterをご参照。

ともあれ、こうやって仕事で異国の地に滞在させてもらってるのはいい経験で
中国語も時折わかる気がしてきたり、個人としてのスキルアップにも繋がってるように思います。
土産話増やせるように色々チャレンジしてみますので、
また関西帰った時には飲みにでも行きましょう。

というわけでみなさん、ネット規制が一段と深刻化している中国をよろしくお願いします。


2010
気付けば2010年初投稿のようです。
というわけでみなさま、明けましておめでとうございます。

最近はTwitterの方でボソボソとわけのわからんことを
つぶやいてるためめっきり投稿していませんでした。
Twitterは140文字という制限があるので、そこでは書ききれないようなことを
こちらで書くことにしようかなと。
なので、このページが全然更新されない時にはTwitterの方を覗いてもらえば
生きているということぐらい確認できると思います。
http://twitter.com/After_IKKY

Twitterは時系列で気に入った人の発言を見ることができるので
情報が非常にタイムリーな上、特に強いつながりを要求される
こともないので気軽に参加できるとこが利点です。
なので、アカウントを作らずに特定の人のつぶやきを見てるだけでは面白さが
半減してしまいますので、時間に余裕のある人はこれをきっかけに始めてみたらどうでしょうか。
その際にはアカウントを教えてくれると嬉しいです。
もちろんフォローさせていただきます。
仲間が増えたらNomarさんやDBさんも喜ぶことでしょう。

ではみなさん、寒いけど体調と朝青龍の動向には気を付けましょう。


Pronounce
こんにちは。久々の更新です。
今日のテーマは3本。

1.中国の歪み
中国に行って感じること。この国はいびつな形で成長を続けているということ。
ネット事情の体験談から簡単な例を挙げます。

見れるサイト:Baidu、Youku
 → 中国発のサイトのため政府による情報コントロールが容易。海外動画などの違法DLし放題。

見れないサイト:Youtube、twitter
 → もはやグローバルスタンダード。真実が満載。だからこそ見せられない。

ほんの1例ですけど、だいたいこの例が全てを語っていると思います。
まともな成長ではない、と。
みなさんどう思いますか?

2.内藤VS亀田戦
ボクシング素人なのでよく分かりませんがあえて一言。
内藤かっこええ、亀田強い。
以上。

3.英語について
語学に精通している人に言わせると、ある日突然聞き取れるようになる感覚があるとか。
そんな感覚は全くないまま、今まで全く成長のなかったリスニングが急激に点数アップ。
強いて理由付けするとしたら「聞く」練習ではなく「話す」練習を多くしたからかなと。
発音を理解するためには、10回聞くより1回発音してみる方が効果的で、
自分の発音が通じた経験よりも発音してみて通じない経験が一番の薬かなあと今は思っています。

日本人が英語の発音を苦手とする理由の一つに「カタカナ読み」が挙げられます。
ルー大柴の大げささが小馬鹿にされるように、日本人の中にそれっぽく真似をすることを
恥ずかしいことと思ってしまう感情があり、みなと同じカタカナ読みをしてしまう傾向があります。
これが発音の向上=リスニング力の向上を大いに妨げているように思います。
いきがってると思われてもええじゃないですか。思い切って発音してみましょうよ。
勢いだけで意外と通じることも多いし、それでもなお「No!」と直されたりもするから語学は面白いんです。


全く文章になってませんが、雑感ということで。今週もがんばりましょう。

Eenen
この時点ですでに保守的やなあと思うけど社内の昇格のために論文を書いています。

内容はおおざっぱには営業技術の立場から開発提言をするというもの。

突拍子もないとまではいかないけど、それなりに斬新なことを書いているつもりです。

昨日から先輩にチェックしてもらってるんですが、ええ加減にせえよと。

誰もがアイディアは無視でいかにしたら良い評価をもらえるかに論点をずらしてくる。

アイディアはまあ好きに書いたらええねんけど、ってええことあるかい!

そこが一番重要ちゃうんかい。形だけ整ってたらええんかい!

こう書いた方がみんな抵抗なく読めるってそんなことどうでもええねん。

当たり障りないように書く気は元からないねん。

自分に跳ね返ってくること覚悟の上で提言しとんねん。

むしろ俺にその開発をやらせろと言いたいねん。

ずっと移動希望も出してるねん。

論文の点数なんか最低点でもええねん。


とまあ下手くそなラップ調になってきたとこでお開き。
Good night !




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。